第3回 real voice                 「TODOKERU発表会&SHIRITAI勉強会、学生福祉国会」in岡山

私達は「きょうだい」です。本当の声を「今の世代」、そして「次の世代」へ紡ぎたい。

2020年第1回、2021年第2回と「リアルボイスTODOKERU発表会&SHIRITAI勉強会in岡山」を開催してきました。

初年度は新型コロナウイルス感染予防の為、対面式開催がオンラインでの開催となりましたが、やっと2021年10月感染予防を徹底した上でお客様を招きオンライン配信も行うハイブリッドでの開催が実施できました。そこには多くの当事者や見守る方々が集まっていただき「きょうだい」の声を通して今の福祉の現状や取り囲む社会を感じていただける第一歩の開催内容になったのではないかと感じております。

しかし「きょうだい」たちはまだまだ悩み、苦しみ、解決できない気持ちの中、知らない間に抑圧された感情と息苦しさの中で過ごすことにより自己否定感が強くなり、自分を認められず自ら社会的意識弱者となり何をやるにも障害者の兄弟を考えるあまり目立ってはダメとか自分のやりたいことを押し殺すという傾向が強く、本来はそうではない人々が自分自身を社会的意識弱者と追いやり自身を抑圧してしまいそのことが知らないうちに社会との意識的かい離を生んでいるように感じられます。

これは決して障害者を兄弟姉妹に持つ人たちだけに現れる事ではありません。

障害を取り囲む、見守る方たちだけが感じることではなく、障害という見つけやすい事象があるが為にわかりやすく現代社会の縮図が顕著に表れているだけでないでしょうか?

障害を持つ兄弟姉妹がいてもその周りにいる人たちはそれぞれ個人であり、決して周りから自分たちの気持ちを決められることなく、個性に蓋をすることなく社会に立つことができるコミュニケーションの能力と気持ちを形成する意識を持つことこそ兄弟姉妹の障害と向き合って相手を尊重した個性として向き合うことが本来の障害のない社会形成の一歩になると感じています。当然この事は発達障害や通常の子育てに於いても同じことが日々起きています。

それを解消する為にはまずリアルな声を届けることが必要との考えのもと2021年までの2回の企画を開催いたしました。そこで私たちはある一つの目指すべき姿に行きついたのです。

それは、私たちのような所謂大人、「今の世代」ではなく、これから「きょうだい」達の体験や声、思いを届け、考えていただくべきは「次の世代」これから実際に社会を動かし社会で生きていくこども(学生)たちではないのか?

そこに発信し体験を提供し、声を届けることが当事者の周囲を変化させ、ひいては社会を変革させることにつながると考えました。それはまさに体験や声を介しての「想い」を繋げることがその先の世代が向かう障害のない持続可能な世界、社会の一因になると考えています。

それが今回の「第3回 リアルボイスTODOKERU発表会&SHIRITAI勉強会&学生福祉国会in岡山」です。

自分たちが置かれている現状を確認し社会とのコミュニケーションのあり方を新しく模索し第一歩を踏み出すことが出来ることとそれを学生たちにボランティアと企画参加を通じて体験させることにより、「次の世代」「次の社会」へ思いを繋ぐことで今すぐには形成できない障害者を取り囲む社会の視点を少しだけ変革させ周囲が変化する事で優しい社会の構築を目的としています。


企画概要

■タイトル

今とこれから!本当の声を次の世代へ紡ぐ。

「第3回 リアルボイスTODOKERU発表会&SHIRITAI勉強会、学生福祉国会」in岡山。

■開催予定日時 

2022年10月29日(土)

A.10:40~11:40  リアルボイスTODOKERU発表会  (両日開催)

B.12:30~14:00 「ユニーク・インプロ・ワークショップ inリアルボイス」定員30名 

                      講師:小松原 修   

 14:15~15:15「津山地域おこしときょうだいとしての座談会」定員30名

                       講師:鈴木 康正             

 15:30~16:30 「あいサポート運動について」定員30名 

                      講師:佐藤 伸隆             

C.10:00~16:00福祉コンシェルジュ (10月29日のみ)

30日(日)

A.10:40~11:40 リアルボイスTODOKERU発表会  (両日開催)

D.13:00~16:00学生福祉国会「学生・プレゼン大会」(10月30日のみ)

■開催場所 岡山県 天神山文化プラザ 大ホール・ 第一会議室。第二会議室

■参加費   各入場料・受講料500円 各観覧・受講ごとに500円がかかります。

      「あいサポート運動について」「福祉コンシェルジュ」無料

       学生福祉国会「学生・きょうだいプレゼン大会」 観覧料500円

      ※発表会勉強会は全て予約が必要 

■主催: リアルボイス実行委員会 共催:岡山きょうだい会 

■後援予定:岡山県・岡山市・岡山県教育委員会・岡山市教育委員会・岡山県社会福祉協議会・岡山市社会福祉協議会・全国障害者とともに歩むきょうだい姉妹の会・一般社団法人ケアラーアクションネットワーク協会・障がい者のきょうだいの会ファーストペンギン・山陽新聞社・朝日新聞岡山総局 (順不同)※申請予定及び申請中 

■協力予定 ノートルダム清心女子大学・くらしき作陽大学・岡山県障害福祉課・岡山市・倉敷市・総社市・瀬戸内市・玉野市・備前市等・赤磐市等・LOOP⑩・サンクシーズ

講師紹介(プロフィール)

【講師】 小松原 修氏 〈ばらさん〉

佐賀県で特別支援教育に23年携わる。指導教諭、特別支援教育士、そしてインプロ歴17年。インプロはカナダ/カルガリーのloose moose theaterにて学ぶ。Challenge Stage 主宰 ・ ITI friends ・ インプロユニット【妖怪百鬼夜行】・インプロユニットダメリーノ日々の支援にインプロの理念を応用しており、2017年12月より岡山にてLOOP⑩代表の藤原康典と一緒に発達障害・障害者を見守る方達の視点を変えることにより当事者と関わる周りを変えることを趣旨としたユニーク・インプロ・ワークショップを開催。ユニークなコミュニケーションのツールとしてのインプロを広めている。2018年文部大臣賞受賞


【講師】 鈴木 伸隆氏 

 鈴木養蜂場 代表/ 津山ホルモンうどん研究会 代表




無料でホームページを作成しよう!